ペット供養のアレコレ~手元供養のすすめ~

ペットの供養は人の供養とほぼ同じです ペットの供養は人の供養とほぼ同じです

愛犬との思い出を大切にしたい人必見ペット供養法

イヌ

愛犬や愛猫が亡くなった時はペット供養を行ない、弔ってあげましょう。しかし、初めてペット供養を行なう場合、様々な供養方法があり、わからない事が多いです。ここでは、そんなペット供養に関する基礎的な知識を紹介します。

ペット供養をするなら知っておきたい供養方法

ペット葬儀
基本的に、手順は人のお葬式と同じです。お別れを済ませた後に火葬し、お骨上げをしてお墓に埋葬します。しかし、これはペット葬儀の種類の一つであり、他にも自宅で全て行なう事もできます。また、火葬も火葬場に行かずに行なう事もできます。そのため、人のお葬式よりもバリエーションが多いのがペット葬儀の特徴といえます。
ペット霊園
人と同じ方法で弔う場合、ほぼ確実にお世話になる場所です。人の霊園とほとんど同じサービスをペットに行なう場所であり、葬儀から納骨までペット霊園一つで済ませる事ができます。また、埋葬を行なう事もでき、個別、集合、合同といった様々なタイプの墓地があります。大抵の場合、ペット供養を行ないたい人は個別を選択する事が多いです。
自然埋葬
少々珍しい供養方法として、自然埋葬があります。専用に準備された野山や山林などに遺骨を散骨したり、樹木の下に遺体を埋めたりといった方法を自然埋葬といいます。他にも、ペットの埋葬場所に木を植える事で、木をペットの生まれ変わりと思い、ショックを和らげるといった方法も自然葬に当てはまります。

実は手元供養をする人が多い

ペット供養の手段に、手元供養と呼ばれる供養方法があります。手元供養は、ペットを家族同然に思っていて、離れたくないと考えている人が選択するケースがほとんどです。実際に首都圏では手元供養を選択する人は多く、その割合は高いといわれています。そんな手元供養方法について詳しい話を、口コミ形式で紹介しましょう。

手元供養ってなに?

ペットを手元に置いて供養する方法になります(ペット葬儀業者)

手元供養とは、自宅供養とも呼ばれている供養方法です。ペット供養を従来の方法で行なった後、遺骨の一部を骨壷に納めて自宅に設置したり、遺骨のかけらや爪や牙といった遺体の一部をペンダントに入れて身につけたりといった事を行ないます。この手段はいつまでもペットといっしょに居たいという程仲の良かった人から人気があります。他にも、ペット霊園が自宅から遠いので中々行く事ができないという人もこの供養方法を採用する事が多いですね。

手元供養の前に個別火葬

手元供養を行なう場合、火葬方法は個別火葬に限定されます。ペット火葬は個別か合同の二種類があるのですが、後者の場合は遺骨が混ざってしまうので返骨ができなくなってしまいます。そのため、個別でペット火葬を行ない、その遺骨の一部を譲り受けて手元供養をする事になります。この際、お墓に埋葬する遺骨の骨壷とは別に自宅に設置するための骨壷や、場合によっては遺骨を納めるペンダントあるいはキーホルダーも併せて購入する事になります。

TOPボタン